日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

桂林旅行記 陽朔 西街しぇんえん攻撃 その2

少数民族の苗族(ミャオ族)のお土産やさんを集合場所にして30分ほどの自由行動になりました。
ミャオ族の衣装は色鮮やかで細かい刺繍がほどこしてあります。
銀の装飾品を身につけて大きくなるので、背丈が低いです。
店員さんも150センチなさそうな若い女性ばかりでした。
でも色白でとても可愛いかったです。
e0037055_16294443.jpg

母がお友達にメガネケースをお土産にしようと値段を訊くと
240元(3600円)と。
高くて手がでませんでした。
お土産なのにそんな価値には見てくれないだろうと買わなかったみたいです。
ここは押し売りはそんなに強くなく、トイレも自由に使わせてもらい
お茶のふるまいもあったようです。
店先で、店員が民族衣装を身にまといずっと顔を下にしたまま一針ずつ刺繍をしてました。
顔を上げてほしかったな。
手仕事がとても細かく色も鮮やかだったので
一つ何か欲しいなと思いましたが、どれも高くかないませんでした。

路上の物売りは店の中にまでは入ってこずに、店先で待機しています。(笑)
店から一歩でると速攻
「しぇんえん」攻撃がはじまります。
この物売りが観光地の印象を悪くしているということに中国政府も気がつくべきなのになぁ。
e0037055_163054.jpg

横笛うりのおじさんは
「北国の春」「四季の歌」を上手に吹いてました。
でも曲の最後までは吹けないみたい、途中で突然別の曲に変わってしまいます。
これで生計たててるなら、もっとレパートリー増やしたらいいのに、、。

暑い日だったので母とアイスを食べましたが、日本なら100円のアイスが
30元(450円)もしました。
観光地とはいえ高すぎです。
ここは欧米人のバックパッカーが利用する安宿もたくさんあるので、
なんとマックまでありました。
マクドナルドが麦当蒡と書いてあります。
e0037055_16305076.jpg

集合時間になって陳さんが
「い~、あ~る、さん、すぅ」と点呼して数えるのに2人足りません。
5分ほど待っても戻ってこないので、
絵筆を買ったお店のお向かいにも別のミャオ族のお土産やさんがあったことを思い出し、
もしかしたら集合場所をと間違えてるのでは?と陳さんに言ってみました。
すぐに見つけてくれて、無事全員集まりました。
やはり間違えてしまったそうで、向こうは向こうで何故みんな来ないのかと思ってたそうです。
ツアーガイドの仕事もなかなかたいへんそうです。
[PR]
by m-bintang | 2009-10-30 16:31