日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

三国の春のソウルフード「にたらし団子」

朝、三国祭の前の山車を見るのに街中を散策してきました。
何十年ぶりかで三国のソウルフードとも言うべき食べ物に遭遇できました。

三国祭のころになると食べれるそれは「にたらし団子」、
「みたらし団子」ではなく、「にたらし団子」です。
子供のころ、幼稚園とか小学生の低学年のころは、
行商の大八車に積んで売り歩いてたり、小さな町の食料品店で売ってて10円玉握りしめて
「にたらしください。」というと、餡をたっぷりつけて売ってくれました。
この餡に特徴があって、普通の餡は砂糖しょう油に片栗粉でとろみが付いてるのですが、
「にたらし」は黒砂糖ベースで、多分くず粉でとろみというか福井の水ようかんをねっとりさせた餡です。
e0037055_1910187.jpg

街歩きしてたら、子供の頃よくにたらしを買いに行ったお店に
「にたらし団子あります」と黄色い紙が貼ってあるのを発見。
「にたらしや~~買いたい」と吸い寄せられるように店に入り
2パックも買いました。
e0037055_19101517.jpg

その後いつのまにかにたらしはお店からなくなって食べれなくなってしまったのですが、
なんでも数年前に復活したようで、今は「かずまのにたらし団子」というのが売られれるようです。
子供の頃はどこのにたらしってのはなかったような・・・どこのお店でも売ってた気がします。
e0037055_19104840.jpg

家に帰って早速、お茶にして頂きました。
懐かしい味、三国ならではの味でした。
黒砂糖の優しい甘さが懐かしく
美味しかったです。

ちなみに、このかずまのにたらしのタレは秘伝なんだそう。
[PR]
by m-bintang | 2011-05-05 13:08