日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー

<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

風邪なのか花粉症なのか

木曜の夕方から少し体調がヘンで
(プールのオジサマカラオケに顔を覗かせてカラオケ酔いしたのか?)悪寒があったのですが、
昨日運転中から目はうるうるで熱っぽいしくしゃみは出るし、
せっかく娘のところへ来たのに最悪のコンディションでした。
首からティッシュの箱をぶら下げたいくらい、鼻水たら~りです。
(お食事中の方、スミマセン)
会社から持ってきた使い捨てマスクをつけてもやっぱりくしゃみは
止まりません。
花粉症のように、目が痒いということはなく、
でもくしゃみがひどいのでそうなのかな?とも思ったり。
鼻の中がヒリヒリします。

ととが去年は花粉が多かったから今年花粉症になる人が多いらしい、と言ってましたがどういう根拠からなのか。
花粉症だけは避けたいものです。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-26 23:57 | 健康

LIFE納車

土曜分の仕事をおおかた金曜に前倒しし、出勤後大急ぎで仕上げて
11時20分に家を出発しました。
ととが「どっちの車に乗る?」と訊いてきましたが
金沢の道は狭いのでもちろんLIFEにし、
ととが先頭ではついていけないだろうとのことで
私が前で走りました。
名神も順調に流れてたのでスムーズに合流でき
自分でもびっくりするくらい、追い越し車線を使いまくって
3時半には娘のアパートへ到着しました。
(前に車がいると追い抜かないと気がすまない性格ということが判明。)

その足で、JASC○へ夕飯の買出しに行きました。
魚売り場には珍しい魚がいっぱいでした。
カマスのお造りがあって、「へぇ、カマスも刺身で食べれるんや」と驚いてるとお店のおっちゃんが
「新鮮なものは何でも生で食べられる。
作りにして売っているけど、本来なら魚を家でさばいて作りにすれば
安くておいしいものが食べれるんや。
氷見では当たり前にしてることを金沢の人は特にせえへん(さばかない)。
おかげて、ワシらは儲かるけどなぁ。
毎日のことやから、ちゃんと自分でしたら節約になるのになぁ」と
お説教とも取れるコメントをいただきました。
う~ん、耳が痛い。
自分でお造りにできるような柳場包丁も、出刃も持ってないもの。
カマスのお造りと、何か判らない氷見産の赤い15センチくらいの魚のお造り、それにイワシのたたきを買ってきました。
イワシはネギとしょうが、味噌、しょうゆで団子にし、つみれ汁と
残りを揚げてポン酢で食べました。
どれも美味しかった~。
娘は春巻きが食べたかったらしく満足そうでした。

LIFEは早速娘なりのコーディネートをして女の子らしい車に変身してました。
安全運転で金沢の街を走ってほしいものです。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-25 23:39 | 金沢

エントリのせいなのか?

せっかく体からアルコールが抜け、肝臓も20年以上の酷使から解放されて、休養したというのに、
今夜は春巻きだったのがいけなかったのか、
帰ってくるなりお風呂へ直行し、久々に泡を口につけていました。
そして今までどおりに焼酎のお湯割を数杯。
砂漠のオアシスで水とめぐり合うかのごとく、
体に染み込んでいったのでしょう、きっと。

エントリしたのが逆効果だったのか、
もしくは、酒税納付推進派?のみなさまのおかげなのか??

まぁ、体を壊さない程度に嗜んでほしいものです。

明日は車を届けに娘のところへ行ってきます。
名神高速、うまく合流できるか不安です。
北陸道までずっと一般道を走りたい気分。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-24 22:58 | 家族

結婚20年にして初めて

郷秋Gaucheさんより、昨夜の食事にお酒が乗ってないとのご指摘?がありました。

実は、2月12日にととが風邪を引いてから、ず~っとお酒のない夕飯なのです。
アルコールが進みそうな夕飯のおかずでもです。
そろそろ2週間、実に結婚20年にしての快挙?です。
風邪はもう治ったから、いつもなら毎晩
缶ビール→(あれば)白ワイン一本→焼酎お湯割(何杯なのか数えたことありません)というアルコールのチャンポンなのに、一度会食があったときに
飲んだだけで、家では皆無なのです。
どういう心境の変化なのか、言わないだけで、体が少ししんどいのかもしくはオジサン改造計画を実行しているのか?(オジサン改造計画で松○電工のジョーバを欲しがってます。)

確実に変化が見られるのはイビキ。
アルコールが入ることで、筋肉が弛緩してしまうのか
今まで、イビキと無呼吸が激しく、
息が止まると次はいつ息するのだろう?と思うくらい止まってる時間が長くこちらが息苦しくなるほどです。
しばらく息が止まって苦しくなるのか「プハ~~」と息をすると
眠りが浅くなるのか、寝返りを打つという多分質の悪い眠りをしていたのだと思います。
「息は吸って履吐く、吸って吐くの繰り返しをせなあかんよ」と朝注意するほどでした。
今は轟音はなく、イビキをかいても許せる範囲になりました。
本人に訊くと、質の良さなどわからないようですが、夜中に目覚めることは
無くなったようです。

さて、ノンアルコールな生活いつまで続くでしょうか?
(初登場のととをこんな風にブログにエントリしてもいいものか、、、。)
[PR]
by m-bintang | 2006-02-23 21:43 | 家族

ふるさとの味

昨夜、実家の母から水ガニと干しカレイが届きました。
すぐ近くのしば山鮮魚店のものです。
昨日のうちに水ガニを食べましたが、食べきれなかったので
今夜もカニ食べました。
美味しい。
そして、昨日のカニの殻で出汁を取って、大根やニンジン、がんもなどの含め煮を一品。
e0037055_21483427.jpg干しカレイも焼いて、今夜の夕飯ができあがりました。
特に干しカレイは物心ついたころからの好物。
もちろんカニも大好物ですが、やはり毎日食卓には乗りません。
地元贔屓してしまいますが、三国の魚は美味しい。
カレイを竹ぐしに何枚かずつ刺したものを荒縄の両端に突き刺して
何蓮か段重ねにし、店の軒先に天日干しにしてあります。
ほどよい塩加減と、ほどよい乾きで最高においしいです。
ふるさとの味です。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-22 21:52 | 料理

社員が惚れる会社の条件

会社にこんな題名のFAXが届きました。
要約すると、、。

まず、経営者が魅力的であること。
事業への「夢」「情熱」「バイタリティー」を持つ「若さ」があり
「目の光、輝き」を持った自分に徹底的に厳しく、他人に対する暖かさを持ち合わせる人間の器の大きい包容力のある経営者であること。

次に「会社の将来性」=「成長性」のある会社。
会社の魅力とは、過去にあるものでなく今後の成長性にあるものである。
成長する会社は事業開発・商品開発費として売上高の2~3%を
人材育成費そして人件費の2~3%を予算化して計画的に先行投資をおこなっているものである。

「規律を嫌う社員」がいても規律を守らせる厳しさがあり、それを乗り越えて出るのが個性であると会社が覚悟すること。
集団の一員として社員一人一人が「してはならないことはやらない」「集団の構成員としての義務を自発的に果たす」この基本ルールがあって初めて「闘う強い集団」の基盤ができる。
規律が守られていない会社はそれを守らせようとする「態度」が会社にはないのである。そんな会社には成長性も望めないということ。

仕事に、会社に惚れこんで誇りを持って仕事に取り組める人は
とても幸せだと思います。
ニートやフリーター、定職を持たない人達が増える世の中、
考えさせられるFAXで同世代の同僚は拡大コピーしてました。


e0037055_1742364.jpg先日のガトーショコラの出来に気を良くして、
抹茶でできないかなと考えたのがこれ。
焼いている間にお風呂入ってたので上がちょっと焦げ目ついてしまいました。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-21 17:49 | 仕事

引き続き

昨日のエントリに引き続いて最近のキレそうな出来事を吐き出してしまいます。

その1
先日プールから上がって、更衣室での出来事。
ロッカーの隣にマッサージチェアが2台あるのですが、
そこへ知人が2人並んで1回10分のマッサージしながら談笑していました。

私が着替えをしていると、あまり見かけない60くらいのおばちゃんが、
バスタオルを巻いたまま、そのチェアの人に
「終わったら教えて、次座りたいから」と一言。
これは解ります、順番を取りたいということですから。
着替えが済んで、髪を乾かすのに、鏡に座っていると先ほどのオバちゃんが「早くして欲しいのに、いつになったら替わってくれるんやろ」とブツブツ。
3分とたっていません。
そしてそのへんにいる別のおばちゃんに
「今から、生協へ行って牛乳買って帰りたいし、5時には帰りたいのに
早くして欲しいのに、替わってくれへん。」と同情を誘う一言。
そして、「いつになったら替わってくれるのぉ?」とチラチラ見てる風。
先ほどより5分と経ってません。
チェアに座っていた知人の2人もキレたらしく
「5時にはまだ30分もあるじゃないの、」
すると、おばちゃん
「5時に家に着いていたいの。だから早く替わって欲しい」と。

聴いていて思わず、「アホか」とぶちきれそうになりました。
マッサージの知人2人はめげずにしっかり10分座ってから、「おちおち座ってられんわ、あんなにチラチラ見られてたら。」と交代しました。

ホント、自分勝手な人です。
5時に帰りたければ、もっと早く上がる、又はマッサージは止めるべきでしょう。
自分の思いがまかり通る、自分中心に世界は周ってるとでも思っているのでしょうか?
あんな人の子供はやはり自分勝手な大人なんだろうなと思いました。

その2
近鉄の本屋さんで通りかかったときのこと。
そこには椅子が置いてあるのですが、
そこに座ってたオバちゃん、雑誌(真中がホッチキスで閉じてないもの。
月刊小説風)を見てたのですが、開いた一方をくるくるに巻いて読んでます。
閉じた周辺が読みズづらいのは解りますが。
あれ?買ったのを読んでいるのかな?と思ってみてたら
立ち上がり、元にあった場所に戻してました。
「オイオイ、商品価値が無くなるやんか、
そこまでするなら買わなあかんのと違うの?」と注意しそうになりました。

オバちゃんの醜態ばかりですが、
世の中、身勝手な人が多すぎます。
そういえば、こんな話も。
会社の男の子、保母さんとお付き合いしてるのですが、
保育園での写真撮影のこと。
背の高い子は集合写真でも後ろというのが我々の常識ですが、
あるお母さん、我が子は前列センターにして欲しいと言ったらしい。
出来上がった写真はやっぱりヘン。
他のお母さん方からも、なんで背の高い子が真中なのか、それなら我が子も真中にと抗議がきたらしい。
世の中狂ってますね。
日本人の譲り合う心はいったいどこへ行ってしまったのでしょうね。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-20 22:23 | とりとめもないこと

外出で

昼食にニシン入りにゅうめんを食べた後、
(ニシンはやっぱりニシン蕎麦やでと言われましたが、戴いた三輪そうめんを早く消費せねばとにゅうめんです。
以前は京都南座の隣にある松葉にも卸していたお店の味付きニシン)
どこかへ外出しようか?と言う事になり、
本屋さん→やぶっちゃらんど(日帰り温泉)のつもりで出かけました。

日曜の本屋さんはにぎやかです。
子供はかくれんぼして、キャーキャー騒ぐし、
(小学3年生くらいだったのでどやしたろか注意しようかと思ったけど、目で注意しときました。親はいったい何してるの?)
幼稚園くらいの子は親に何か叱られたのか、ワンワン大声で泣くし、、、。
親が本を選ぶことに夢中になるほど、子供は飽きて時間を持て余してしまい
騒ぐ気もするのですが、。
図書館ほど静かにしろとは言わないまでも、
最低周りの人に迷惑をかけるような行為をしないようにたしなめて店に入るのが親から子供へのしつけのような気がします。
そうすれば子供も公共の場では、家と同じにならないことを少しずつ身に付けるとおもうのですが、、。

本を選ぶのに時間がかかって、結局温泉には行きませんでした。
読み始めた
「オーケストラ楽器別人間学」(茂木 大輔著 新潮社)
面白いです。
オケを聴きに言って演奏者を見る目が変わるかも?

その後、JASC○へ買い物に行き、レジで袋詰めをしてると
ここでも、子供が大騒ぎする光景が。
タカラ○ネのカラフルなトッピングのソフトクリームのショーケースの前で
3歳くらいの子が、欲しがってダダをこねています。
大人が見ても美味しそうだもの。
おばあちゃんが「今日は我慢しよう」とその場を離れさせようとするのですが
ガンとして動きません。
おばあちゃんも負けてはおらず、「今日はダメ。パパにしかられる」と
立ち去ろうとします。
子供はおばあちゃんを目で追いつつも、絶対買ってもらおうと
離れず、手にしていたビニール袋を振り回してわめいてます。
すると、ショーケースに袋が当たり、中に入っていたチョコが散乱してしまいました。
子供はビックリして泣くのをやめ、おばあちゃんはチョコを拾うのに戻ってきました。
私も袋詰めが済んでその場へ近づいたので少しチョコを拾い、その場を後にしたのですが、
靴も投げ出して座り込んでたあの子、あれからどうなったでしょう、、。

娘たちは幸いにも、スーパーで寝転んでダダをこねたりすることはなかったので、
(欲しいと言ってもダメなときは違うことに意識が行くようにすりかえてしまった気がします。)
今日のような光景を見ると、もっとうまくしたらいいのに、、、と思ってしまいます。
子供にはそう対処できましたが、孫となると?ギモンです。
可愛さ余って、際限なく孫の言うことを聞いてしまいそう。
責任の無いカワイさですから。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-19 18:19 | とりとめもないこと

固焼きそば

数日前より八宝菜を食べたいなと思ってたので今夜はそれにしました。
娘達がかた焼きそばの上に載せたのが食べたいと言うので
e0037055_20302511.jpgかたやきそばも買ってきました。
かたやきそばは結婚してから初めて口にしたもの。
最初に食べたときは衝撃的でした。
まるでベビースターラーメンみたいなものに
八宝菜がかかってるのですから。
麺が汁気を吸わないパリパリのうちに食べたい、
でも熱いのと量が多いのとで最後は麺が柔らかくなってしまいます。
麺も油で揚げてあるからか、後で胃もたれを起こすので
ほとんど作った覚えがありません。
多分私の記憶ではこれを作るのは2回目。
実に10年ぶりくらいかと思います。


e0037055_2031202.jpg今夜はすでに油であげてある細めんの上にかけていただきました。(写真がちょっとピンボケですが)
八宝菜自体あまり作らないので、みんな「久しぶりや~美味しい」と
いっぺんに食べてしまったようです。
うずらの卵の殻剥きが面倒なので今まで敬遠してましたが、
以外に簡単に剥けたのでこれからは年に一回くらいは作ってみます。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-18 20:34 | 料理
先週フクさんにお願いした燻製が出来上がって家まで届けてくれました。
6Pチーズと、モンゴウイカをお願いしたのですが、
ベーコンと、ちくわも一緒にいただきました。

e0037055_17315529.jpgジップロックを開けてチーズを取り出すと、桜のスモークのいい香り。
写真を撮って、つまみ食いしました。
美味しい!!
外側がスモークされて市販のスモークチーズと同じ。
慌てて、お湯を沸かして珈琲を入れてお茶しました。


e0037055_1733068.jpgイカは薄くスライスしてやはりつまみ食い。
美味しいです。

e0037055_17333167.jpg中がちょっと柔らかい感じなので爆発しない程度のレンジでチンしてみます。

フクサンは、自分でもやってみては?と
オイル缶まで届けてくれました。
話を聞くと、なんだか簡単にできそうな感じ。
餅焼きのアミと、スモークバー(チップより手間がかからないみたい)
アミを引っ掛ける針金があればすぐにでもできそう。
ゆで卵、ちくわ、チーズ、などが、下味もつけず初心者でも
取り組みやすいようです。
ご近所が近いので煙が流れないか少し心配ですが、
そのうちやってみます。

フクさん、ご馳走様でした。
[PR]
by m-bintang | 2006-02-16 17:34 | 手作り