日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー

<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

忙しい年度末

年度末というわけでもないですが、
今日はすごく忙しかったです。
イレギュラーな仕事がいくつも入ったので
普段の段取りどおりにいかず、夕方までかかりました。
明日はお休みをもらうので(欠勤です)
一旦家へ帰り、夕飯を食べてからから明日の分の仕事を済ませてきました。
夕飯でおなかいっぱいになってるし
いつもなら、あっちの世界へ行ってる時間帯の仕事はさすがに眠かったです。
おやすみなさい。
[PR]
by m-bintang | 2006-03-31 23:59 | 仕事

古布のブローチ 完成

e0037055_847494.jpgこの前より草木染めのグループで教えてもらって作っていた古布のブローチにピンをグルーガンで止めて完成しました。


e0037055_8481084.jpg小さな布も捨てずに取っておいてくれたT木さんに感謝です。



e0037055_8485292.jpg


e0037055_8491370.jpg

いつも刺激を与えてくれ絶えず手を動かすこまめさに脱帽です。
そして、常に相手を思いやる、欲を捨て相手の立場にわが身を置き換えて行動する姿に
見習いたいなと思う人生の先輩でもあります。
付かず離れずのこのグループの友情を大切にしたいと思っています。
[PR]
by m-bintang | 2006-03-30 23:59 | 手作り

水汲み

山を越えて水汲みに連れていってもらいました。
11時ごろから横殴りの雪が降りどうなることかと思いましたが、
2時に出発3時には到着しました。
順番を待つ間、つばきの花がたくさん落ちているので
草木染めの材料にと、花びらを拾い集めました。
途中雨に降られ、みぞれがまじりながらも
自分の順番のときにはちょうど雨もあがりラッキーでした。
家族のためか、三々五々と入れ替わり人が汲みに
来られていました。

付き合ってもらった友人と、
「少しでも元気になってもらえたら何回山越えをしてもお安い御用だね」
と話しながら帰途につきました。
ありがとうございました。
[PR]
by m-bintang | 2006-03-30 01:06 | 自然

ワサビの苗

明日、山を越えたところへ湧き水を汲みに連れていってもらいます。
難病にも効くという噂が噂を呼び、取水制限があるそう。
どうしても元気を取り戻して欲しい人がいるので、待ち時間数時間かかるそうですが行って来ます。

そんな訳で、ホームセンターへポリタンクを買いに出かけました。
会社を出るとき、同じ年のHさん(男性)から
「それならワサビの苗が売ってるはずだから1000円分買ってきて」
とおつかいまで託りました。
この前の「あるある大辞典」でワサビを食べて若返り?みたいな
内容の番組をやっていたらしいです。
ワサビで若返ろうと思ったら、一日に市販のチューブタイプの半分を
食べないといけないとか。
絶対に無理。
(どうりで、翌日の新聞に金印のワサビのサプリが一ヶ月1万円弱で
出てた訳ですね。)

Hさんは吉野と高田に畑を持っていて、こまめにいろいろ作っています。
ワサビというと、水の綺麗なわさび田で作るイメージがありますが、
畑わさびと胃って日陰のできる砂地の畑でもできるそうです。
e0037055_20421075.jpg1000円で4株買えました。
元々根っこを食べる食べ物なので増やしていかないといけないみたい。
種をとるのも取っておくそうです。
同じ年で、若返ってどうするつもり??差がついたらどうしよう?
[PR]
by m-bintang | 2006-03-28 20:42 | 自然

月読商店?

e0037055_18522530.jpg
普段、万能茶という10種類のブレンド茶を飲んでいるのですが
発売元で年に1度、セールがあります。
その時が一番安いので一年分まとめ買いをしてます。
毎年友人数名で共同購入していて
合計で9万円ほど買いました。
万能茶だけで150本。
100本以上は卸値で買えるのでさらにお買得。
一人で50本頼んだ方もいたので、その人の分は直送してもらいました。
他の商品の取りまとめもしてFaxにて注文をしました。
今までなら到着後郵便振込みの支払いだったので
皆には代金は商品到着してからでいいよ、と伝えておいたのですが、、。
高額なので代金引換になってしまいました。
後で集金するとしても一時の出費はいたい!!



e0037055_1853078.jpg
このお茶は知人から戴いて美味しかったので5年以上飲んでいます。
教えてくれたときは8年以上飲んでいると仰っていたのですが、
シニアな方にも関わらず、手の老人斑もお顔のシミもありませんでした。
まだ3年足りないなぁ~(汗)
娘もこのお茶が一番と言ってます。
アマチャヅルも入ってるので少し甘いのです。
夏は冷やして、冬は急須で、いつでも美味しいお茶です。
タンニンがないので、胃の負担もありません。


e0037055_18543927.jpg
今夜と明日かかって、仕分けをします。
にわか月読商店です。
[PR]
by m-bintang | 2006-03-27 18:56

親バカなので

娘のところへ行ってるRolandのデジタルピアノがだいぶ古びてきて
音量の調整ができなかったり、ならない音があったりで
娘は新しいのが欲しいそう。

先日娘達とジョーシンPitOneへ出かけた折、
Casioのデジタルピアノを組み立て中で、安いのかな?と言ってました。
昨日出かけたら63000円がスタンド付きで35000円。
娘に電話で聞いたら「考えておくゎ」とのこと。
親バカなのでもう一度見にいきました。
でも、よくみると、鍵盤に無数の小さな傷があったので
店員さんに尋ねると、展示品だったものが着たとのこと。
(PitOneはアウトレットなのです)
安くてもあれだけ傷があるのは却下。
品物も初心者向きと書いてあったので、きっと物足りないと?

、ということでまたまた親バカぶりを発揮して
鈴鹿のイオンショッピングセンターまででかけました。
島村楽器でこの前カタログももらっていたので持参して
いろいろきいてきました。
金沢ラブロにもあって、金額は同じとのこと。
買って金沢へ直送もできるとのことでした。
娘はグランドピアノのようなタッチのものがいいと言ってたので
訊くとやはりRolandのものがいいような、、。
今回はスポンサーにはなりませんが、子供のことには全力投球のおとうが情報収集に力を発揮しました。

e0037055_22532513.jpg今日の写真は庭先の冬あやめ。(だったような?)

e0037055_22535231.jpg寅息子さんのところの花と花弁がにてませんか??
[PR]
by m-bintang | 2006-03-26 22:55 | 家族

ギリギリで

中国逃亡中出張中のおとうが、ようやく帰ってこれました。
木曜帰国のはずが一日伸び、今度はチケットが取れないということで、
今日になりました。
ビザなし渡航なので、ギリギリでした。
帰れなかったら、収容所いき?

御土産は相変わらず、下の娘に機内販売のネックレスだけで
思わず、
「我が家には女3人やのに、何で一つしか買ってけぇへんの?!」
すると、
「三つも買うとお金かかるやろ?
それに女2人はわかるけど、後の一人は、、、、??なぁ、ちぃ?」
「それって、どういうことよ。誰が女じゃないって??」(怒)
帰国早々、戦争が勃発しそうです。(汗)

その後フクさんのお店へ出かけたのですが、レジに人がたくさん並んでいて忙しそうで会えず終いでした。
おとうは、中国で生活するための会話本、みたいな本を手に取ってました。
娘と「いよいよ、中国で生活始めるんかなぁ」と。
ほんとに中国づいてるおとうです。
「手始めに台湾へ行ってみぃひんか?」と誘われました。
台湾ならまだしも中国で生活はかんがえられないなぁ~~
[PR]
by m-bintang | 2006-03-25 23:55 | とりとめもないこと

五合升と一升ます

台風のようにやってきた娘が帰っていきました。
二十歳になっても相変わらず手のかかる子供です。
下の娘が進路のことで話しているときに
「お勉強のできる、でも常識のない世間知らずなお姉ちゃんと
頭の悪い、でも常識があって気遣いのできる私とではどっちが役にたつかなぁ?」
そして
「おねえちゃんと私が半分づつわけっこすれば、2人ともまともな人間になるのになぁ」
娘なりにいろいろと考えているのでしょう。
涙が溢れそうになりました。
長女は最初の子で過保護で育てました。(決して過干渉ではありません。)
結果何をするにも他力本願になってしまい、それを反面教師として育ってきたのが次女です。
それぞれに良いところは一杯あるのですが、、。

実家の母はその人の力量を五合升と一升ますの喩えで話をします。
五合升しかないのに一升の水を入れようとすると溢れてしまう。
五合升には五合升の生き方があり、それを一升ますにしようとしても
無理な話。
五合升の中で表面張力ぎりぎりまで水を入れてその中で幸せでいれば
それでもう十分ではないかと思います。

それを友人に話したら、逆に一升ますの力量がある子が五合升しか
水を入れようとしないとき、親は尻をたたいてでも一升ます一杯に
水をためるように促すのが勤めと。
私から見れば、ゴールラインが先へ先へ伸びていく100m走をしているようで、可哀想。
その子が五合升なのか一升ますなのか客観的にみなければいけないことだとは思いますが。

私は五合升でもいい、その中で思いやりや優しさ、悲しみ、痛みがわかる人間でいてくれればそれで十分と思ってしまうのです。

相田みつをの著書の中に「育てたように子は育つ」という本があります。
親としてはっと気付かされた本です。
もっと早くこの本に出逢っていたなら、子育てももう少し違う風にできたかな?
丸のまま愛する、たとえどんなときでも、どんな状況にあっても。
たとえ50点とろうが100点であろうがどんなときでも100%受け入れてあげる、親が受け入れてあげなくて誰が受け入れてくれますか?
それが大切、風なことが書いてありました。
もう一度読んでみようと思ってます。
[PR]
by m-bintang | 2006-03-23 23:59 | 家族

ギョーザの具

娘達を送り出した後、夕方まで古布のブローチを作っていました。
その後、生協へ行きました。
ギョーザのつもりでしたが、肝心の白菜が売り切れです。
仕方がないので、キャベツで作ることにしました。
我が家の具はいつも大量の白菜、タマネギ1コ、ニラ、少量のひき肉です。
キャベツがメインでしたことがないので
一度茹でて刻んで絞って具を作りました。
1玉したのですが、絞ると少しになります。
娘たちはポロポロしないので包みやすいといってて、
味も美味しかったです。
皆さんのギョウザは白菜orキャベツ?
[PR]
by m-bintang | 2006-03-21 23:17 | 料理

両親たちと

おとう方の親戚が義父母のところへ遊びにきたので、
おとうは海外逃亡中出張中でしたが私達も呼ばれて一緒に夕飯を食べに行きました。

義父母は、義父の兄のお嫁さんの姪が義母という
血がつながらないけど、親戚同士が結婚したというめずらしい夫婦です。
(もし離婚したくてもやはり親戚同士なので切りたくても切れない仲というのはこういう夫婦だと思います。)
だから、おとうの従姉妹(以後久美子ねえちゃん)は義父は叔父さんだけど、義母は従姉妹になり、なんとも複雑な家系図になります。

久美子ねえちゃんとそのお母さん(以後おばあちゃん=義母から言えば叔母さんから義父言えば義姉さん)、久美子ねえちゃんの子供(コウちゃん)の3人が見えたのですが、
3人が強烈な個性を持ってて、10年ぶりくらいに圧倒されました。

おばあちゃんは94歳なのですが、矍鑠としてて車から降りると小走りに走るのです。背中も曲がってません。もちろんボケてもいません。
孫たちがなんでも問題にして答えさせるので本人曰く、「ボケてるヒマがない」そうです。
パソコンでゲームもしているそうです。
去年は一族でバリに旅行へ行って皆が腹痛て苦しんでいる中、一人平気だったらしい。
フレンチだったので食べれるのか心配してたのですが、全部食べていました。

久美子ねえちゃんは、お世話好きでよく喋る。
初めて会ったのは結婚式の控え室でしたが、
初めての人とは思えないほどよく喋ってリラックスさせてくれました。
相変わらずのお喋りです。

コウちゃんは大教大の大学院を卒業して奈良の高校の先生になるそうです。
熱血教師になりそうで、話がヒートアップしてくると
早口の上、声が大きくなる。
あまりに早いのでついていけず脱落してしまい、後は娘達に任せておきました。
頭の回転が相当速そうです。
おとうの数年分を一気に喋ってるような感じでした。

台風かハリケーンのような強烈な数時間でとても面白く楽しく、でも
ちょっぴり疲れました。
[PR]
by m-bintang | 2006-03-20 23:46 | 家族