日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー

<   2008年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ん?

今日もちびっ子レッスンがないプールで思い切り泳ぎました。
左から2番目のレーンで、ゆっくり、何掻きで25mを泳げるか意識しながら泳いでました。
何往復かして50m泳いでもどってくると、隣のレーン(端っこじゃない)の人が
私が着くたびに「ワハハッ」と笑うのです。
何を笑われているのか判らず、また何往復かしてようやく気がつきました。
25mのターンのとき、隣の端っこのレーンの人が同じタイミングでタッチしてるのですが
どうも私と一緒に泳いでるようなのです。
だけど、いつも同じ人じゃなくて5人くらいが入れ替わりにリレーをしながら私と競争してるようでした。
どうりで笑うはず。
50m泳いで戻ってくると、次の人が準備して待ってます。
1キロほど泳いで途中400mほどの競争になりました。
早い人も居ましたが、平均すると私より少し遅い感じで、
ギャラリーからは「10人斬りやな」などと言われてしまいました。

よくわからなかったけれど、面白くていい練習になりました。
[PR]
by m-bintang | 2008-07-30 21:47

新車の代車

私の軽自動車を車検に出してます。
代車を用意してくれるというのでお願いしたら、
走行距離の少ないほぼ新車を用意してくれてました。
e0037055_22144885.jpg

実に快適。
ターボ車じゃないから坂道が非力なのが難だけど
今乗ってる車より静かだし、ギアチェンジしなくていいし。
後部座席の助手席側はスライドドアで少し触るだけで開閉します。
ベンチシートなので助手席と繋がってマス。

ディーラーも新車の代車を貸すことで車検のお客さんが次の車を考えるきっかけを
作ってるみたいですね。
以前なら代車はボロイエアコンもついてない走るだけの車、というイメージだったのですが、。

このまま車検から返ってこなくてもかまわないかな?などと、、。

今年は3台車検で、蒼くなってます。
これで2台目、9月に大きい車の車検です。
ガソリン高騰も重なり破産します~~
車がなくても生活できる都会が羨ましいです。
[PR]
by m-bintang | 2008-07-29 22:15

アナログロゴ

昨夜のニュースで右上に「アナログ」の白い文字が出てるのを発見。
夫に言うと
「嫌がらせみたいやな、、。」
真面目にNHK受信料を払ってるのに、
「あんたんとこはまだ地上デジタル放送に対応してないんやね、
e0037055_21473945.jpg

早ぅ、しやな見られへんようになりまっせ~~」と
毎回警告されてるみたいで気分よくないですね。
民放はそんなロゴは出ないのに、、、。

皆さんちはもう地デジ対応のテレビにされてるの??

ネットでニュース見れるし、youtubeで動画が見れるから
しようと思えばテレビなしの生活もできるかもしれませんね。
[PR]
by m-bintang | 2008-07-26 21:40

やってもた~~

またも失敗です。
二日前にスライサーで親指スライス?したところなのに
この暑さで注意力散漫です。

今夜は鳥ひき肉とエビの香り揚げをしました。
エビの殻をとって背綿を抜き、適当に叩いてつぶす。
にんじんをみじん切り、あおじぞも千切りにして
鳥ひき肉、エビ、卵、山芋の摩り下ろし、小麦粉、片栗粉、とボールにいれて
塩コショウして混ぜる。
海苔を四角く切って、その上に乗せて油で揚げる。
ポン酢で食べました。
e0037055_1744423.jpg

外はカリっと中はエビのぷりぷりと青じその香りがいい一品でした。

と、美味しくいただいたのですが、、、、。




後片付けしてて、使った油をオイルポットに入れて
(でも今日封をあけたばかりの油を使ったのに
エビと鳥なので結構油は汚れてて、ろ過しても
どれくらいキレイになるのかな?とは思いながら入れてた。)
フィルターでろ過させてました。

明日のお茶を沸かして、水道水で覚まそうと、やかんをシンクに移したときに
どうもオイルポットに触ったみたいで
ガッシャーン、
そこらじゅう、油まみれになりました。
食事の後で油が冷めてたので火傷しなかったのが不幸中の幸い。
先日切っておいた、古タオルや古シャツのボロでふき取り、
油汚れ用洗剤でシュッシュしてふき取り、
住まいの洗剤をタオルにつけて拭き、
水拭きして、夜中の大掃除になってしまいました。
疲れた~~
普段ならポットに空けたらすぐにポットをレンジの下に収めるのに、、。

なんだか台所で失敗続きです。
[PR]
by m-bintang | 2008-07-25 23:42
いやぁ~気分いいです。
こんなことは滅多にない、、。


金沢へ戻る姉と一緒に課題の写真を撮るため梅田まで出た妹。
「天井と床の関係云々」とかいう課題で
阪急梅田駅のアトリウムを題材にしようと決めて出かけたようです。
ところが工事中で写真が撮れない。
姉は夕方からバイトがあるようで大阪駅で別れたそうです。
「携帯でいろいろ調べたけど他の場所が見つからない、どうしよう?半泣き涙」とメールが来ました。
阪急にすると言ったときに
「他にもいろいろあるよ、いくつか候補あげたら?」と言ったのに
「阪急に決めたから要らない」と。

なかなかいい建築訪問のブログをブックマークしてたのを
教えてあげようと思ったのに却下されてました。
http://ruelle.blog97.fc2.com/

それを思い出し、さっそく検索。
肥後橋の山内ビルがよさそうで携帯でURLと地図を送信。
国・登録有形文化財だそうです。

他にも地下鉄の心斎橋駅の天井とか、心斎橋の三木楽器本店、綿業ビル、
いろいろありそうで、都度送信。
勉強になりました。
私があちこち建築探訪したくなりました。
結局大丸心斎橋店にして写真を撮って帰ってきました。

夕飯の折、
娘「私って典型的なA型やからきちんと準備してその通りに行動しやな気がすまんタイプやねん。
けど今日みたいに思い通りの行動ができなかったとき、予定が狂うとどうしたらいいかわからんようになってパニックになんねん。」
夫「それは違うな、本当のA型なら、裏の裏をかいて、ここがダメやったら次はどこへ行こうと
3つくらい準備万端整えておくはずやで。おかあさんにはわからへんやろうけど、、。」
私「AA型ならそれくらいはするやろうね、ということは私とおねえちゃんはAO型やゎ」
夫「どう違うん?」
私「お父さんがAA型ならおじいちゃんおばあちゃんはB型はないってことやねんで。」
夫「う~んわからん。」
私「高校1年の1学期の生物でならったやんか。習わへんかったん?」
娘「そやで、やったで。」
夫「知らんなぁ、わかるように図に書いて教えてくれ」

ということで、AA,AO、BB,BO、OO、AB型の両親から生まれる子供の血液型の
パターンを縦横の表にして作りました。
この人、本当に知らんの?
大阪では教えヘンのかな??
子供は両親が持つ2個の遺伝子から1個づつをもらい、血液型が決まること、
遺伝では優性・劣性のメンデルの法則があり、A・BはOより優性となる。
(現れてくる方の情報を持った遺伝子型を優性であるといい、現れてこない方の遺伝子型を劣性であるという。
遺伝子型でいう優性とはそれが優秀であるという意味ではない。)
だからAOはA型でOAとはならないこと。
O型が生まれるのはA型かB型かO型の親だけでAB型の親からは生まれないこと
などを教えてあげました。
夫は表をじ~~っと見て考えてる風、かなり長い間見て数を数えたりしてました。
血液型での確立まで考えられるようです。
(たとえば、共にOO型の両親からOO型の子が生まれる確立は100%)
50も目前なのに今まで知らなかったとは、、。

普段は理系は全くダメで、夫にボロのチョンにけなされるのに
今日はとっても優位に立って教えられました。
こんなことは滅多にないこと。
めっちゃ、気分いいです。
e0037055_239897.jpg

e0037055_2393334.jpg

写真はが阪急梅田のアトリウム天井、
e0037055_2310332.jpg

心斎橋駅の天井、セセッション様式の美しいヴォールト(アーチ型の連続)天井、
三芯アーチ(弧の中心が、真ん中の大円弧と左右の小円弧の3点)です。
[PR]
by m-bintang | 2008-07-21 23:05

上海旅行記 帰国の途へ

5時起床、朝が弱い私は普段なら夢の中の時間です。
目が覚めてもすぐには動けないなんとか低血圧なので
少しずつ覚醒して体を動かしていきます。
ホテルの朝食は6時からなので下へ降りました。
今日も豪華なビュッフェスタイルの朝食です。
昨日は食べられなかったフィレステーキを朝からパクつきました。
柔らかで美味しかった。

チェックアウトと支払いを済ませ、時間どおりに集合。
ツアーの人は旅なれてるのかお土産らしい袋を持ってる人は一人もいませんでした。
バスに乗り、上海浦東国際空港へ向かいます。
朝早い時間なので片側4車線の専用道路も空いています。
その両側8車線をまたぐように横断歩道がかかってて、そこの横幅全部が企業の
広告に使われています。
日本ではそんな巨大な広告はみたことがありません。
というか、その歩道橋を歩く人などいるのでしょうか、、。

道路横は二重の緑地帯になってて、比較的背の低めの木と背の高い木が植わってて奥のほうが見えなくなってます。
見た目は非常にキレイですが、
私は別の意味もあってそうしてるのだと思います。

中国政府の策略的なものすら感じます。
空港から何キロのところにどんな企業や工場があるということを外国人に知られたくないこと。
市街地の発展にくらべ、郊外の手付かずで開発の遅れた田舎の風景をみせたくはないということ。
事実、車窓から見える家の二階部分は青い色をしたガラス窓で、屋根やつくりもどこか西洋風でキレイにしてあるのに、
目を凝らして、緑地帯の隙間に1階部分をみると
レンガ造りでモルタルか何かを塗ってるのがはがれおちたままの田舎家で
家の前には水路があって、家庭のゴミは水路に捨てるという従来の暮らし方を変えることなく
続けてるのだと思います。
きっと政府が道路から見える部分だけは見栄え良くするようにとの
お達しをだしたのでしょう。
中国の見栄っ張りな部分を見た気がしました。


そんなことを考えてるとあっと言う間に空港へ。
新しくできた第2ターミナルです。
e0037055_0105811.jpg

楽しかった上海旅行もここでおしまいす。
留守番の次女に免税店でフォリフォリの腕時計を買って飛行機に乗り帰途につきました。
短い滞在時間ではありましたが、刺激的な3日間でした。
また絶対に遊びに行きたい街、上海になりました。

次は旧租界めぐりをしてみたいです。

いったい何日間上海旅行記を書いたのでしょうね。
長い間、お付き合いくださりありがとうございました。
[PR]
by m-bintang | 2008-07-18 23:54
e0037055_071442.jpg
ビルを出るとコンビニのファミマがお隣にあります。
中国ではファミリーマーt-を全家と書き、ローソンは羅森と書くようです。
他の日系のコンビニはなかった気がします。
二日間とも足裏の帰りに寄りましたが
日本のコンビニと違うところ、それは中国臭い。

夫が言うには、奥で調理をしてお弁当を作ってるのだそうです。
だから、八角や香菜などの香りの強いもので店舗が中国っぽい匂いがいつも充満していました。
深夜なのでお弁当は売り切れておいてなかったのですが、
多分どれを食べても油っぽいのでは??
レジ横にはおでんと中華まんじゅうがあり、美味しそうでした。
日本にある、ポッキーやプリッツ、コアラのマーチなどお菓子類は中国名に変えて
普通においてありました。
シャンプーやリンス、歯磨き粉も日本製がありました。
中華系のコンビニは入らなかったのですが
どんな品揃えなのか、次回は見てみたいです。
e0037055_0104315.jpg

私は2日間休暇をもらってきてるので会社のみんなへお土産をここで調達しました。
「奥利奥」(オウリーアウ)日本でいうオレオにしました。
日本のオレオは真っ黒なビスケットに白いクリームが常識ですが
中国ではどうやら違うらしい。
私の買ったものは白いウエハースをホワイトチョコでコーティングしたものと
チョコ色のウエハースをチョコレートでコーティングしたもの。
他にも日本のオレオみたいでピーナッツ&チョコレート味もあるようです。
上海ではスーパーのレジ袋は有料化になったと聞いてたので
バックの中に、手提げ袋を入れてたのですが、他の買い物で使ってしまい、
20個28元(430円)もオレオを買ったので自動的にお金を払ってレジ袋に入れてもらうハメに、。
もったいない。

私は買いませんでしたが、サントリーのウーロン茶には砂糖入りのものもありました。
夫が飲んでみたら?と言いましたが、
甘すぎて飲めなかったらイヤだしやめておきました。

中国の食べ物のお土産ってかなり好みもあるし
貰っても喜ばないことが解ってるから、夫の両親には行くことも知らせてないので
買いませんでした。
(行くとしると過剰な心配をするので、夫が言いたがらないのです。)
なので、お土産は会社だけ。
e0037055_0112044.jpg

自分用には立頓(リプトン)の金木犀の花の絵が描いてあるティーバック?を買いました。
多分金木犀の香りのするお茶?と思います。
まだ飲んでいないのですがとっても楽しみ・
これは17元(255円)でした。

これでお土産も買い終わり、ホテルへ戻りました。
明日は6時45分集合なので今夜のうちにパッキングを済ませ、
お風呂に入ってベッドに入りました。
日付が変わってました。

つづく
[PR]
by m-bintang | 2008-07-17 23:05
地下鉄1号線と2号線を乗り継いで、世紀大道駅へ到着しました。
朝地下鉄へ入ったときの入り口は封鎖されてて別の出口へ出ました。
ホテルはどこ?西に向いて歩いていくと、朝入った出入り口へ到着。
朝はなかった、路上の夜店が並んでいます。
e0037055_23365432.jpg
道端にビニールを広げ、洋服やCD,、靴や偽者ヴィトンが売られています。
この人たち、日中は何をして過ごしているのでしょう?
e0037055_23372060.jpg
夫に言わせると、「昼は別に仕事を持ってて、夜だけここへ来て売ってるんやろう?」と。
自転車やバイクがあれば、小さい台を乗せてそこでお店が出来上がります。
けっこうにぎわっていました。

ホテルへ入る前に足裏へ直行しようということになりました。
夫は「俺は垢すりに行くから、終わったら先に帰っておいて」と。
娘に、「そんなこと言って、私らがお店に入ったら、クラブサファイアへ入るんとちゃう?
怪しいもんやで」と突っ込まれてました。
二人は全くしゃべれないので、夫に昨日の女の子を指名してもらえるようにお願いしました。
フロントで話してくれると、奥に昨日の女の子がいたので手を振ると彼女も手を振って
応えてくれました。
これで安心。

夫は「同じビルにあるはずやから行ってくるゎ」と出て行きました。
通された部屋は、昨日より一回り小さいソファが2つの部屋。
やはり頭の後ろは全面鏡張りです。
しばらく待ってると若い男性が桶を持って入ってきました。
?昨日の女の子は?桶だけ持ってきたのかな?
そう思ってると、お湯に入れる入浴剤を訊かれ、
20元で水晶とバラか何かの赤い花びらの入った入浴剤を指定しました。
昨日の女の子やあらへんの?女の子って頼んだはずなのに、、。
今日はお兄さん?

以外な展開にちょっと戸惑います。
20歳そこそこの若いお兄さんに体や足をもまれるなんて、、。
昨日と同じように、10分ほど足湯すると
さっきのお兄さん登場。
背中を向けると、肩をもみ始めました。
男性は力強い、ちょっと痛いくらいです。
「気持ちいい」と言うとほにゃらら~と中国語で気持ちいいという言葉を教えてくれました。
(でも、店を出るころにはすっかり忘れてました。)

足は昨日は眠れるオイルをオプションで塗ってもらいましたが
さほど効果がなかったので、普通のクリームにしてもらいました。
やはり若い男性に足をもまれるのは緊張します。
私の担当のお兄さんはびっしょり汗をかきながら丁寧にマッサージしてくれてます。

娘担当のお兄さんが、身振手振りで頭から足まで手を動かして「きもちいい」と言うのです。
ん?足をもむと頭まで気持ちよくなるの?
娘も何を言われてるのか理解してない風。
同じことを何度もいうから、あいまいな返事しかできませんでした。
すると、一人の人がメニューを持ってきて写真を見せてくれました。
「全身マッサージをすると気持ちがいいよ。やりませんか?」ということだったのです。
娘と顔を見合わせ、「いえ、結構です。」と手振りで拒否しました。

あやうく、全身脱がされて鏡の前で若い男性にマッサージを受けるところでした。
夫は昨日の女の子と指名したはずなのに、とんでもないことになってしまいそうでした。

お父さん、いったい何言うてん!!
ってか、サファイアで何してるん。
(すっかり、クラブサファイアへ行ったと思い込んでる私。)

しばらくすると、ドアがコンコンとノックして、夫が、「どこにあるのかわからんかった~」と言って
「隣で足裏してもらうわ~」と消えていきました。

もまれること1時間、うとうとしてしまいました。
今夜も靴下をはかさせてくれて終了です。
夫の部屋へ行くと夫も終了。
お金を支払って、クラブサファイアの前を通り、外へでました。
(帰り際、お兄さんの名刺を貰いました。
そうか、昨日も女の子の名刺を貰ったからそれを見せたら
彼女を指名できて、彼女にもチャージが入ったんやね。気が付かなかった。)

つづく
[PR]
by m-bintang | 2008-07-16 23:37

上海旅行記 夜の新天地

e0037055_014583.jpg

お腹いっぱいになって、翡翠酒家をあとにしました。
一階から外へ出て夜の新天地を散策します。
昼の雰囲気とは違う顔を見せ、ここは外国?と思うほど外国人がいっぱい。
というか外国人だらけ。
欧米系の外国人が外のテーブルでキャンドルの元で食事を楽しみ
お酒を飲んでいます。
ジャズを楽しみながら食事やお酒を楽しめるお店もありテラスシートで
みなさんゆったりとくつろいでます。
新天地のお店はどこもお高めですから
現地人でもよっぽどの高級取りの方しか足は運べない空間のようです。
(ハーゲンダッツの高さに驚いたもん。)
e0037055_02159.jpg

上海灘’シャンハイタン)やアナベルリーなどの中国雑貨も可愛いけれど
かなりお高め。
スタバのタンブラーももう一度見にいきましたが
やはり高いので買うのはよしたようです。
私はまだまだ歩けそうなのに、夫はもう疲れたからタクシーで帰りたいと言い出して
でも駅に近いことが解ったので
地下鉄の駅まで歩くことにしました。
黄陂南路駅 まで行くと「伊藤家」と書かれたディスプレイの看板があちこちに、、。
日本料理のお店のようです。
まるで伊東家の食卓みたいな名前のお店です。
お隣に太平洋百貨という地元の方がよくこられるという百貨店にはいりました。
若い子のブランドは日本製がしっかりテナントで入ってましたが、
あまり客はいないような雰囲気でした。

照明が日本の明るさとは違って少し暗めなのです。
昭和40~50年のレトロチックな感じを醸し出しています。
地階には食料品売り場もあって行きたかったのですが、
夫はもういいから地下鉄に乗ってかえろうとせかされ
残念、見れませんでした。
つっかり疲れてしまったようで、地下鉄を乗り継いで今日乗った世紀大道駅に向かいました。

つづく
[PR]
by m-bintang | 2008-07-15 00:02
広東料理の翡翠酒家はホテルから6時に予約を頼んでおいたので
時間どおりにお店へ向かいました。
入り口で名前を告げると案内の方が奥の通りが見える窓際の席に案内してくれました。
e0037055_23521350.jpg

段差があるので、足元に注意書きがしてあります。

このお店は香港のオーナー東南アジアを中心に60店舗、上海では4店舗展開しています。
新天地のお店は日本人デザイナーが手がけたチャイニーズスタイルで赤を基調としたインテリアになってます。

私と入れ違いに帰国した友人が、知り合いの案内で上海一美味しい広東料理を案内してもらったお店がここらしく、美味しかったメニューを知らせてくれてたのでここをリザーブして
それをそのまま注文しました。
(室内の照明が少し暗くてメニューが詠みにくくて、教えてもらったメニューと比べることもできなかったのもありました。)

夫はまず、冷えた青島ビール。
中国では必ず「冷えたビール」と注文しないと生ぬるいビールしか出てきません。
冷えたものは体に悪いというのが現地人の持論らしいですが
夫曰く、冷蔵庫がないだけじゃないか?とのこと。
しかもキンキンには冷えてないようでそこそこにしか冷えてません。

私たちはお茶を注文したのですが、、、。
日本でなら普通だと湯のみにお茶かせいぜい紅茶のイメージで
ティーポットで2杯程度のお茶をイメージするでしょう?
そのつもりで、娘はウーロン茶、私はジャスミン茶を注文したのです。
ところが持ってきたのは1リットルは入りそうな大きなポットが二つ。
しかも一つのテーブルに一人給仕のお兄さんが付いててくれて
気を遣ってくれるのです。
こんなに大きいポットだったら一つでよかったなと後悔。
でも香りよく食事にも邪魔をせず美味しかったです。

紹興酒も頼みました。
昨日のお店のより美味しいとのこと。
私はどっちもさっぱり解りませんでした。
中華には紹興酒がぴったり合うそうです。
ここでも給仕のボーイがグラスがなくなるとすぐに注ぎにきて
なんだか申し訳ないような感じでした。

料理も待たせることなく次々と出てきます。
きっと厨房は目が回るほどの忙しさでしょう。

室内の照明を落としてあって、フラッシュが焚けなかったので
ピンボケになってますが、、。
さっそくいただきました。

脆皮焼肉 42元(ハ゜リハ゜リになった豚の皮が最高に旨い)
豚肉を先にオーブンでカリカリに焼いてでも中のお肉は柔らかで美味しい。
e0037055_23581511.jpg


炸醤麺 
坦々麺の風味が濃厚で日本人の口によくあって一気に食べました。
e0037055_2317101.jpg

紅油抄手 
黒酢に浸かったような餃子です。これも美味しい
e0037055_2317468.jpg

金牌炸子鴨 
e0037055_23505680.jpg

鴨だったんですね。
皮がパリパリ美味しくて私が半分胃以上食べてしまいました。
夜7時には売り切れてしまう人気メニューだそうです。

XO醤爆脆瓜猪爽肉 
e0037055_23495670.jpg

キュウリとゆでた豚肉をXO醤で合えたもの。
キュウリが濃厚な料理の口なおしになり美味しかったです。

どれも最高に美味しい料理でした。
お皿も汚れるとすぐにキレイな皿に取り替えてくれます。
食べ終わったお皿はあっと言う間に引いていきます。
接客マナーが行き届いて、オシャレな空間で美味しい食事をいただけて
最高の夕食になりました。

飲み物を合わせても283元(4235円)でした。
デザートを食べるお腹の余地は残ってなく今夜もデザートは食べれず終いでした。

広東料理は四川ほど辛くなく、上海料理のように川魚を使わないから日本人の口に合うとおもいました。
美味しいお店を紹介してくれた友人に感謝です。

つづく
[PR]
by m-bintang | 2008-07-13 23:58