日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー

<   2008年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

染め直し

昼食を食べてのんびりしてたら草木染めの友人から
「今、藍液を濃くしてるけど来る?」と連絡があったので
この前染めたチュニックと、数年前にインドシルクで作ったグレーのチュニックを持って出かけました。
この前染めたチュニック、はじめは手洗いで水洗いしてたのですが
先日他の洗濯物と一緒に普通の洗剤で洗ったらいっぺんに色が褪せてしまいました。
友人曰く、普通の洗剤には漂白成分が入ってるから
おしゃれ着洗い洗剤を使わないといけないそうです。
薄いグレーのチュニックのほうはなんとなく飽きてしまったので
藍色に染めてみようかなと、、。
e0037055_22491438.jpg

この前と同じように藍液の漬け込む時間を少しずつずらして引き上げて
一番裾が濃くなるようにしてみました。
引き上げたら絞らずそのまま日に当てて酸化させて色を入れていきます。
乾いたら、水洗いしてもう一度発色液(色がもっと出るようになる液)に漬けて
干します。
最後に藍染め専用の石鹸、(藍ソープ)で
余分な藍色を落として、水洗いして干せば出来上がり。
この前のものよりかなり濃く仕上がってちょっとご機嫌です。

これが薄くなったら、また濃く染めるか、
上の薄い部分はほとんど藍液に浸かってないので
そこの部分を草木染めにしてみようかな?と思ったり。
一着で何度でも楽しめて、何着も持ってるかのように見えます。(笑)
e0037055_22493868.jpg

e0037055_22495820.jpg

干している間に
冬に桜で染めたものの色が入らなかったスカーフを
オレンジ色のマリーゴールドを煮出した液で草木染めしてみました。
煮出した液にスカーフを入れて弱火にかけるとベージュだったスカーフが
黄色に変わってきます。
媒染液は鉄とアルミでモスグリーンと黄色に染まりました。
媒染をチタンにすると黄色が渋めのオレンジ色に変わります。
この変化が草木染めの面白さです。

思いもしなかった楽しい午後になりました。
[PR]
by m-bintang | 2008-08-31 22:50

心斎橋をブラリ

御堂筋線でなんばまで行くつもりで切符を買ったのですが
せっかく大阪へ来たのだから、心斎橋で降りてブラブラ歩いてなんばまで行こうと途中下車しました。

まずは東急ハンズ。
ポーターやマンダリナダックのカバンがあるのでチェック。
扇子が売っててどれがいいかなぁ~といろいろ見たのですが、。
夏も終わりになったので今年はもう使う機会もないかな?と。

それからエスカレーターで一階ずつ上がっていきキッチン用品のフロアで
いろいろ見てみました。
大根おろし器のギザギザがゆるくなってしまって
よくすれないので少し前から探してるのだけど思うものはありませんでした。
使ってるのは下ろすと余分な水分だけが落ちるようにネットが受け皿になってるものです。
諦めて、他を見てると木の弁当箱がありました。
夫がお気に入りで木をくりぬいた弁当箱(下はごはん入れ、上はプラスチックでおかず入れで
蓋も木のもの)を使ってたのですが、
食器洗い機に入れたらいっぺんに木が割れてしまい使えなくなって
ずっと娘が中学生のころのアルミの弁当箱を使ってたのでした。
木の弁当箱欲しいなぁ~と口にしてたのですが
くりぬいたものはかなりお高く手がだせませんでした。
ハンズにあったのはまげわっぱみたいなのに塗りが施してあるもの。
重さも軽いし、二段で降らすチックのおかずいれもついてます。
やや大降りで、おかずの品数に困るなと思ったのですが、
今日一日遊んだしお土産代わりに買いました。
ついでにお箸も。
箸を噛む癖があるみたいで、先日も箸を食みちぎってしまったようです。

フロアごとに珍しいものがたくさん、時間を忘れそうです。
e0037055_0542812.jpg

そごうでケーニヒスクローネのシューうリームを買って
蓬莱で、豚まんと月餅を買い(すごく月餅が食べたかった。中国に飢えてる?)
実家の母にも送ってもらえるように頼みました。
大丸で、相田みつを展をやってるようでポスターで見かけたのだけど
時間が押してきて諦めました。

なんばから電車にのって、上本町で地上駅の始発電車に乗り換えて
座って帰りました。
e0037055_055156.jpg

[PR]
by m-bintang | 2008-08-28 23:47
友人と大阪の国立国際美術館へ
モディリアーニ展を見に出かけました。

彼は1900年代のフランスの画家で主に人物画を描きます。
首の長い肖像画"で知られているモディリアーニの原点は
e0037055_0561790.jpg

カリアティッド(古代ギリシャ建築の梁を支える女性像の柱)なのだそうです。
「カリアティッド」柱のような腕、足、ですが、どこか、官能的です。
ふっくらと丸みを帯びた身体。 しなやかな居づまいに恥ずかしげにかしいだ首。
柱にしては少々生々しくエロティックな雰囲気をかもし出しています。
e0037055_0565763.jpg

ほとんどの人物からは表情が伺えません。
e0037055_057175.jpg

目が普通なら白めと黒目(日本人の場合ね。)がわかるように描くのが普通なのに
彼の場合、一つの色(グレーが多い)で塗りつぶされてて
うれしいのか悲しいのか、さっぱり判りません。
珍しい普通の目の絵を見かけたとき、人間らしいなと感じました。
彼の絵の特徴は面長な顔と長い首とすごいなで肩。
私は絶対に彼の絵のモデルにはなれないやろうな~と思いながら見ていきました。
e0037055_0574794.jpg

その跡、塩田千春精神の世界展へ。
これはすごい、しかも会場で製作しているのでどれだけの時間を費やしたのかと思うと
何故か笑えてきます。
使い古した靴を国立国際美術館がHPで集めてるのは知ってたのですが、
放射状に赤い糸を張って、そこへメッセージとともに片足だけの靴をくくりつける。
そんな作品でした。
初めてのデートではいた靴、子供の発表会のときのものから、入院中はいたサンダルとか
靴に持ち主の物語が伺えるものを2000足以上くくりつけてあります。
圧巻です。
e0037055_0584780.jpg

その次は「眠っている間に 2008年」、部屋全体が作品になってるのですが、ベッドがいくつも並んでて部屋中に
黒い糸が網目のように絡まってて、とてもベッドにはたどり着けそうにありません。
複雑に絡み合った黒い糸の空間を歩いていきます。
どれだけの時間をかけて製作したのか、
ただスゴイの一言だけです。
これは是非見てほしい。
他にも天井いっぱいの高さを使って作られた3着の洋服(まるで巨人用のワンピース)に
泥でたっうりと汚れをつけた作品。
発想が凡人では図れないような作品ばかりで面白いものばかりでした。

1時間かけて作品を見てまわりました。
[PR]
by m-bintang | 2008-08-27 23:59

どうも調子が

数日前からどうも調子がよくない、、。
特におなかが、、ゴロゴロ、、、
今日は胃の調子までなんか重くって、、。
夏が終わるころになると、胃の調子が悪くなってたのですが
ここ数年は影を潜めてました。
A型なのですが、大雑把で、でもちょっとしたことに気を病む
小心者です。
考えてもしょうがないんですがね、、。

今年の夏は暑くて、毎日のようにアイスを食べ、お茶も凍らせて会社へ持っていってたから
夏のツケが回ってきたのかな?
コーヒーも一日1杯と決めてたのに、暑いからついアイスコーヒーにして氷も入れて、、。
絶食したらいっぺんに治りそうですが、胃が重くても口が寂しがるので
絶食できません。
カラダにやさしい食べ物食べて治します。

10月14日、ケニーGの大阪公演のチケットを予約しちゃいました。
夕方ローソンへ引き取りに行ったら、
予約番号は控えていったのに、ログインIDを書いていくのを忘れて
もらえませんでした。
明日出直します。


ケイコ・リー 雨の日と月曜日は


雨の一日で、薄手の長袖を着てました。
一雨ごとに秋が近づいてくるのでしょうね。
[PR]
by m-bintang | 2008-08-25 23:53

ショック

携帯を犬がお父さんのところへ持っていったら、
メールボックスの容量が70%超えてるからかもしれませんから削除してもらえますか?
とのことで削除。
でも、カメラは起動できず結局修理にだしました。
今は以前使ってたものを使ってます。
2週間くらいかかるそうです。

娘が時計の電池交換をするというので私も数年ぶりに電池を交換しました。腕時計
携帯を持つようになってからは腕時計って出番がなく
日ごろの移動手段は車だけなので
電車の時間を気にするということもなく腕時計は引き出しに入れっぱなしでした。

眼鏡屋さんで交換してもらったら、電池が液漏れを起こすと本体も動かなくなってしまうから
時計が止まったら電池交換してくださいと言われました。
e0037055_1901492.jpg

4年ぶりに腕時計をしたら、おかしい。
以前は腕にはめても少し余裕があってちょっと回る程度のゆるみだったのに
ぴったりどころか、ちょっとキツめ。
なんで?
はめなかった4年の間に骨が太くなった?肉付きがよくなった?
手首に肉がつくなんて、最低、、。凹みます。
せっかく時計動くようになったのに、、。
e0037055_1904264.jpg

1時間ほどはめてはずしたら、くっきり跡が、、。
しかも、回復が遅くてなかなか跡が消えません。(涙)
これは年のせい?
[PR]
by m-bintang | 2008-08-25 19:01

こわれた~

デジカメ携帯のアウトカメラが機能しなくなりました。
春に買ったところなのに修理2回目。
インカメラは機能するらしく
娘が「ちょっと貸して」と私の携帯で
自分の顔をパチリ。
その後、ちょこっと携帯を触ったかと思うと、
「はい、おかあさん私の待ちうけ。お母さん、ちぃのこと好きやろう?」(笑)
確かに好きですが、
私の携帯スライド式だから表に画面があって、触らなければ真っ黒な画面なのに
ちょっと触ると娘のドアップな顔がニッコリ微笑んでビックリします。汗

明日は修理に持っていこう。
しばらく写真のアップができません。
やっぱりひとつで二つの機能は無理があるのかな?
それとも韓国製やから??

PCも突然フリーズするし、
おなかは数日前からグルグルで、
どこか壊れてます、、。

今日仕事をしてたら面白い名前発見。
「所賀」(ところが)さんと
「今須」(います)さん。
面白いなぁ~。
子供のころ間違い電話がかかってきて
「きんばさんのお宅ですか?」と。
「金波」さんだったのでしょうね。
そのころ落語で三遊亭 金馬という方がいたので
思わず大笑いしてしまったらブチっと切れました。
[PR]
by m-bintang | 2008-08-23 23:31

グリーンカーテンから

夫が会社のグリーンカーテンからゴーヤを採って帰ってきました。
省エネで、会社の壁に緑の壁を作ってるそうです。
そんなに広くは作ってないと思いますが会社全部をグリーンカーテンにしたなら、
相当は広さの緑の壁になるからゴーヤを出荷できるのでは?
e0037055_730952.jpg
我が家も数年前までは2階のベランダからネットを張って
朝顔のグリーンカーテンを仕立ててたのですが、
成長が遅く夏の終わりにならないと延びてこないので
全く日よけには程遠く
去年くらいから作るのをやめてしまいました。
朝顔じゃだめなのかもしれません。
リビングの前は土がなくてプランターで植えてたので
根が張れないのが原因でしょうか。
会社でもプランターで育ててるらしいので
原因は土か肥料かな?
来年はゴーヤにtryしてみようかな、、。

ということで今夜はゴーヤチャンプルです。
ゴーヤは綿を丁寧にとって、薄切りして塩もみしてから水にさらしておきます。
その後、軽く塩湯でしました。
豆腐は切ってからレンジでチンして水気を切ります。
フライパンに油を入れて豆鼓を入れて炒め、豚肉を加えて炒めます。
コチュジャン、オイスターソース、しょうゆで味をつけて
ゴーヤを加え、炒めて豆腐も加えて、溶き卵でとじたら出来上がり。
軽く湯に通してるのでさほどゴーヤの苦さは感じませんでした。
おいしくいただきました。
e0037055_0394527.jpg

モロヘイヤのおひたしもして夏バテ対策もばっちりです。

仕事がちょっとややこしくて今日も泳げませんでした。
[PR]
by m-bintang | 2008-08-20 07:31

真夏のキムチ鍋

娘たちとあちこちでかけてて帰りが遅くなって
夕飯も時間のかかるものはできなく
娘たちのリクエストでキムチ鍋になりました。

エアコンかけて扇風機まわしてのキムチ鍋。
風下にいる私はカセットコンロの熱も浴びて
口もカラダも熱い。
でも美味しいキムチ鍋でした。
e0037055_727121.jpg

[PR]
by m-bintang | 2008-08-18 23:25

姉妹愛

伊調馨が金メダル、浜口は銅

足が動けなくなっても本当によく頑張った。
赤いボールが出たときは劣勢でどうなるのかと心配しましたがポイントをとり
後半も青いボールが出てラッキー優勢に回れての勝利、見事でした。
表彰式のときはかなり足を引きずってたから痛みをこらえての決勝だったのでしょう。
4年前のアテネと同じ色のメダルになりましたが
お姉ちゃんと一緒に歩んで励ましあってとったピカピカの金メダル。
姉妹愛を感じました。

字こそ違うのですが実はうちの娘たちと同じ名前なのです。
こんな偶然ってあるのかな?と思いました。
なのでアテネから応援してて是非北京では二人とも金メダルを取れたらいいなと
思ってたのですが、でも十分頑張った銀メダルと金メダルでしょう。

娘たちも伊調姉妹と同じようにいつまでも仲良くいて欲しいなと願います。

浜口選手も銅メダルながらよく頑張りました。
ただ、やはりお父さん目立ちすぎです。
優勝した中国の王嬌手の脇が気になったのですが、、。
本人が気がつかなくても周囲の人が気遣って注意してあげたらいいのに、、。
中国の個人主義が見えた気がしました。
[PR]
by m-bintang | 2008-08-17 19:24

ジェラートと旧森田銀行

実家からの帰り道、暑いからジェラートを食べにカルナへ出かけました。
http://www.mikuni-minato.jp/home/pj/carna/index.html
友人のオススメの店で、子供の頃のテリトリー範囲の街中にあるのに
出かけるのは初めてです。
25年前に三国へ移り住み開拓農場をはじめたおけら牧場
http://www.ptpxp.org/mt/archives/rurban/cat_111.html
の山崎夫婦のジェラートのお店だそうです。

のべ100種類もの種類があるそうで、冬はなんとズワイガニのジェラートもあるそう。
私が行ったときは、豆腐のジェラート、越のルビーというトマトのジェラート、が変わってる
ジェラートでした。
私はコーンでダブルにして、三国の雄島という無人島の海水を煮詰めて作った塩をつかった塩のジェラートととぶどうジェラート、、おまけの一口というサービスもついてて
それは夏みかんにしました。
塩は海の味で少ししょっぱくて美味しい、これはハマります。
娘は豆腐を食べてました。
これも美味しい。
e0037055_11145298.jpg
カップ or コーンが選べて
シングル300円/ダブル350円/トリプル450円
というシンプルな価格。
ただ、ブルーベリーだけは50円アップでした。
小さなお店なので店先の椅子に座っていただきました。

店のお向かいには、三国祭りに使う山車の車庫があり、お隣は旧森田銀行があります。
北前船の廻船業で財を成した豪商森田三郎右衛門が廻船業の衰退を察知して
業務転換で作った銀行です。
その後福井銀行と合併して、私が子供の頃はこの建物で業務をしてた覚えがあります。
1920年(大正9年)の建物で県内にある一番古いコンクリートの建造物です。
設計技師は横浜市開港記念会館や長崎県庁も手がけた山田七五郎氏。
外観は西欧の古典主義的なデザインでシンプルですが中は豪華です。
木と白漆喰の彫刻を基調とした広い吹抜けで、営業室の天井の漆喰装飾はとても分厚く
素晴らしいものです。
ケヤキの1枚板の来客用カウンターで、エンタシス仕様の柱があり
壁には違う種類の木材を使用した「象嵌(ぞうがん)細工」が施されています。
柔らかい色づかいののシャンデリアもステキでした。
催し物で花絵やガラス作家の作品展の展示がありましたが時間がなかったので、
見れませんでした。
またじっくりと訪れたい場所でした。
e0037055_11152787.jpg
e0037055_11154697.jpg
e0037055_1114314.jpg

[PR]
by m-bintang | 2008-08-15 11:12