日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー

<   2010年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今日のお昼は冷しうどん、「やっしゃんうどん」を作りました。
新婚で初めて横浜に住んだボロアパートで仲良くしてくれたお隣さんの
ご主人(靖さんだからやっしゃん)がご馳走してくれた
ナスとネギ、薄揚げをごま油で炒めて
砂糖、しょうゆ、みりん、酒味付けしたものを具にした冷しうどんです。
仕上げにゴマを振ります。
e0037055_2274590.jpg

これを食べると、木造の2階で今思うと「ないな」と思うくらい古い
(何しろ、流しのステンレスシンクが朽ちて水漏れしたくらい古かった)
玄関入るといきなり台所で、洗面所がない、タイル張りの浴室、
6畳の台所に6畳と4畳半の和室、雨戸は板戸のアパートを思い出します。
ただ、第三京浜に近く横浜にしてはかなりな田舎で静かロケーションでした。

夏になると必ず一度は作る我が家の定番メニューです。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-31 23:57

長女帰省

夏休みで長女が帰省して一気ににぎやかになってます。
次女と連弾でピアノを弾いたり歌ったり、楽しそうです。
それを見てるだけでシアワセ気分になります。

e0037055_226353.jpg

午前中、ハローワークへ行きました。
月曜から始まる、職業訓練の手続きをしてきました。
やはり奈良からは連絡が来なかったので
気持ちを切り替えて、忍者の街まで車でかようことになりました。
ここなら帰りに泳ぐ時間はありそうです。

どんな人たちと3ヶ月間一緒になるのか少しの不安はありますが、
なんとかなるかな。

パソコンスクールへ書類を持って行ったら、
同じように月曜から受講するおじさんが説明を受けにきていました。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-30 22:03

フットマッサージ

アロママッサージの先生が今日はフットマッサージもしてくださいました。
滑りがよくなるように、シアバターとパーム油をベースオイルにして
香りを嗅いで私が好きと言ったエッセンシャルオイルを入れて
マッサージオイルにしてくださいました。
e0037055_19135057.jpg

膝から下全体にオイルを行き渡らせたら、
足の指、指と指の間、足の裏、足首、ふくらはぎと
引っ張ったり、揉んだり、押したり、摩ったり、
30分くらいかけてマッサージ。
痛気持ちよくて、もっとして~って感じになります。
足が軽くなった感じです。
e0037055_19142999.jpg

家へ帰って、マッサージオイルを作ってみました。
スィートアーモンドオイル、ホホバオイル、アルガンオイルをキャリアオイルにして
ティーツリーオイルとフランキンセンスを入れて香りづけしました。
早速今夜からこれでマッサージしてみます。
人からされるのと自分がするのでは
癒され度が違うと思いますが、いろいろ試してみます。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-29 19:14
娘と近所のリサイクルショップへ出かけました。
探してたものが無かったらしいのですが、
夏祭りで浴衣を着たい娘は浴衣をみてたらしく
紺地に白の昔からある柄を見てたのですが、
私が、クリーム地になす紺の大胆な柄の浴衣を発見。
「これ変わってて面白いよ。
こんな柄あんまり見たことないから、珍しいんじゃないの?」とのことで
2枚試着しました。
すると、紺地のほうは丈が少し短め。
クリーム色はいい感じなので、そっちを買いました。
しつけ糸もついたままの浴衣でした。

家で
「これ何の柄かなぁ、綿っぽいけど」と言うから
「なすびやない?米ナスか水ナス」
「なすびはちょっとイヤやなぁ」などと浴衣をめくったりしてると
「一番絞り」と書いてあります。
キリン一番絞りの景品?
早速調べてみると、浴衣メーカーの従業員が浴衣を語るブログにヒット、
99年に中山美穂が一番絞りのCMで着用した浴衣と全く同じということがわかりました。
ブログによると

キリンの“一番搾り”のCMで、ざる豆腐を抱えながら、ゆかた姿でビールを飲むって言う
あのシーンが反響を呼び
、当時、百貨店のゆかた売り場に「ミポリンのゆかた、売ってませんか?」
「どうしたら手に入りますか」と、1日50~100本の電話の問い合わせがあったとか・・・

新聞にも載りました。

・・・実はあのゆかた、キリンビールが特別に発注して作らせた非売品らしいんです。

模様は、一つ前のCMで使った「きんちゃくナスぅ~」をモチーフにしたもので、アイボリー地(ビールの缶の色をイメージしてるんだって。) に ”なす紺色”で染め抜いただけの結構シンプルなゆかたでした。覚えてます?

“非売品”と言う事なので、入手は無理、なのですが・・・


との事。
何故か近所のリサイクルショップで1400円で売ってました。
どうりで、どこか他の浴衣とは違うと思った訳です。
「ナスならちょっとイヤやなぁ」と言ってた娘は
「なんかすごいなぁ。11年も経ってるのに私の感性にピッタリやぁ。」と大喜び。
隣町の花火大会へ着ていくようです。
e0037055_3181156.jpg

[PR]
by m-bintang | 2010-07-26 23:14

バスタオルで布草履作り

草木染めのリーダーから
「布草履を教わったから、教えてあげるからおいで」、と声がかかり
久しぶりに出かけてきました。
布草履というのは耳にしたことはありますが、実際どんなものか見るのは初めてです。
バスタオルが厚みもあって早くしあがるそうです。
まずは、四辺をミシンがけしてあるから全てほどきました。
別にカットしてもいいらしいのですが、もったいないので丁寧にほどきます。
e0037055_2351914.jpg

10センチ幅で6本の紐にします。
それを4つ折にしてところどころボンドで止めます。
そうすると、編みこんでいくとき、バスタオルのほつれがなくて
一気に編めるそうです。

6mm~8mmのビニール紐を2m20以上用意して4つ折にし、
e0037055_23515268.jpg

両足にかけて、かけた紐を反対の足の親指にひっかけます。
e0037055_23555871.jpg

e0037055_23521226.jpg

左手で反対側の紐をしっかりもって、端っこを少し長く出します。

紐を左手の上にのせて、ビニール紐を絡ませるようにして
編んでいきます。

最初の部分をクリアできたらあとは、交互に絡ませていくだけ。
以外と簡単です。
e0037055_23523448.jpg

自分の足の大きさにしたら、ビニール紐を引っ張って、草履の形にします。
鼻緒の場所にビニール紐を出したら、別布を絡ませていきます。
鼻緒を作って、余った紐を本体に絡ませながら隠して出来上がり。
e0037055_23525728.jpg

左足は右足の大きさに注意しながらバランスよく作るのがコツ。

いくつか作れば感覚がつかめそうです。
e0037055_23534583.jpg

さらっとしてて、気持ちいいです。
しばらくハマりそう。
e0037055_2354937.jpg

バスタオルでなくても、普通のフェイスタオルでも、タオルシーツでも作れそうです。

e0037055_23531676.jpg

左は友人作。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-25 23:50
お友達と京阪三条で待ち合わせして岡崎にある京都市美術館へ
ボストン美術館展を見てきました。

近鉄大阪線で大和八木まで行き、そこから近鉄京都線で丹波橋まで、
丹波橋から京阪に乗り換えて京阪三条まで。
おけいはんに乗るのは多分25年ぶり?いやもっとかも?
乗る機会の少ない電車です。

http://www.asahi.com/boston/
美術館は平日なのに夏休みもあって、学生も多く、団体さんも入っててにぎわってました。
写実主義の人がそこにいるような肖像画、宗教画、ミレーの農村風景画、
モネ、ドガ、ピカソ、ルノワール、たくさん見てきました。

その後、同じ館内で京都出身の女流画家ばかり集めた
京都市美術館コレクション展 第2期
「京の閨秀・女流・女性画家‐担ったもの/担わされたもの」
を見てきました。
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/exhibition/collect_2-2010.html
西洋画の後の日本画は日本人の感性にあって、やはり日本画はいいなぁと思いました。

夕飯は以前より、噂は聞いてたけど時間の都合でいけなかった
京料理のお店へ連れていってもらました。
友達と集まるときには必ずそこと、
行きつけのお店だそうです。
酒菜 たけ乃、河原町三条上るのビルの2階にあるお店でした。
e0037055_23374564.jpg

最初に
魚そうめんを出されました。
魚の練り物をそうめんにしてゼリーで固めてあります。
口の中でゼリーが溶けて夏らしい一品です。
次は湯葉とウニの和え物、
e0037055_23382999.jpg

祖母は海女さんだったので夏、ごく普通にウニ、サザエ、アワビが祖母の家にゴロゴロしてて
朝食の卵焼きの中にウニが入ってるのがすごくイヤで、
ウニは苦手な食べ物でしたが、このウニはとても美味しかった。
京都らしい湯葉と出汁で和えてあります。
次はマツタケの土瓶蒸し、
e0037055_23391057.jpg


e0037055_23391445.jpg



一年のうちでマツタケが一番安い時期なのだそうで、高い時期は出せないと大将が仰ってました。
ハモが入ってて、ハモの出汁とマツタケの香りに柚子を絞って、美味しかった。
それからお造り、やりイカ、サンマ、平目、バイガイ
e0037055_23391311.jpg


キレイな器にちょっとずつ載ってて、もう少し食べたいと思うところで
品物がなくなって、美味しさが倍増する、そんな感じでしょうか。
e0037055_23391459.jpg


次はキンメ鯛の煮付け、
この味が家庭ではなかなか出せない、と言うと
煮すぎない、少し濃い目に味付けをしてさっと火が通るくらいで火を止めると良いと。
家だとしっかり火を通しすぎて身が固くなりがちです。
e0037055_23391450.jpg


魚の後は、豆腐の中にわさびをおろしたものを海苔でくるんだのが入ってる
冷奴。
フォト
ツンとした美味しさが鼻をぬけます。

最後は、写真を写すのを忘れてしまったのだけど、
とろろ蕎麦。
でも、食べた感じが、そば粉100%ではなくて、葛が入ってるような
そんな蕎麦でした。

どれも繊細な味で、見た目も美しく、美味しかったです。
とても暑い日でしたが、美しい絵を見て、たくさんお喋りができて、美味しいご馳走をいただいて
楽しい一日でした。
無職ならではの贅沢を十分楽しんできました。

それにしても京都はどうなってるの?って思うくらい暑くてたまりませんでした。
毎日京都で生活してる方は本当に暑いことでしょうね。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-23 23:33
奈良の適正検査の結果が届きました。
職業訓練に受講指示(推薦)予定者として決定できませんでいた、と。
ショックです。
やはり倍率が高かったようです。
補欠決定の優先順位2番で決定者の中で辞退者が出た時は30日までに連絡くれるとのこと。

2番って微妙な順位やなぁ。
4番とかなら諦めはつくし、1番ならチャンスはあるかも?と期待をかけられるし、。
とりあえずハローワークに電話で相談してみると
上席の人に伺いを立てたようで、
2人辞退者がいない限り、推薦を受けられないことから
確立は低いのでは?と。
伊賀のスクールに奈良の結果を待ってもらってることもあり
すぐにでも返事を欲しいようなことをにおわされたのですが、
一縷の望みをかけて来週火曜日の認定日まで待ってもらうことにしました。

連日、異常なまでの暑さで大和高田から徒歩10分のスクール通いは
どんなに大変だろうと思うと、車で通える伊賀でもいいかとも思うけれど
やはり確実にスキルアップできる大和高田に行きたいなぁ、と思います。
もし大和高田へ通うときは、高田に家がある元同僚が自転車を駅の駐輪場まで運んであげるって
言ってくれてるからお言葉に甘えようと思ってるんだけど。
どうなる、私。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-22 21:27

矛盾感じるなぁ

昨日娘の部屋を片付けたゴミを市の指定袋に入れて最終処分場へ搬入しました。
指定ゴミ袋は有料なのでこれに、可燃物、もえないゴミを分けて入れれば
持ち込みは無料です。
「どんなゴミですか?」
「黄色い袋だけです。」
「それじゃ、中に入って指示に従って出してくださいね。」と
ゲートを通って中へ。
中の入り口で、黄色の袋のみを伝えると
「何度か来られてます?」
「はい。」
「それじゃぁ、一番奥へ行ってバックでつけてください。
そこで係りの人の指示にしたがってね」
バックにつけて、黄色い可燃物ともえないゴミを出すと
なんと、どれも同じで分けることなく、処分層に捨てられてしまいました。
これってどういうこと

昨日もプラスチックゴミ(無料なので白い袋)、可燃物、燃えないゴミ、金属と
分けながら作業してたのに、
何もかも一緒くたに処分されるとは、、。

平日、ゴミ収集のときはかなり厳しく
プラスチックゴミの日に、もえないゴミを出してたりすると
回収してくれないのに、、。
矛盾感じます。

リサイクルできるものは近所のリサイクルショップへと思い、
そこでは出さずに、お店へ持っていったのに
「健康器具(金魚運動のユラユラ、と、フットマッサージャー)は
扱わないんですよね。」と。
貰ったけど、アレルギーが心配で使わせなかったミッキーのぬいぐるみも
プラスチックケースに入ってたから新品同様なのに
これまた、引き取れないと。
最初に判ってたら、捨ててくるんだった。

本はブックオフで170冊出して760円でした。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-20 21:33
梅雨明けした途端、暑くて溶けてしまいそうでした。
一日意家の中で過ごしたのですが、
思い立って、エプロンを縫ってみました。
布は長女がイケアでオーダーしたカーテンの残り布。
お店でもらった紙袋を広げて今使ってるエプロンを載せ
えんぴつでなぞって型紙を起こしました。
ポケットも適当に写して作りました。
e0037055_145378.jpg

見返しと言って、裏の部分もちゃんと作りました。
e0037055_1452799.jpg

作り始めると以外と簡単で、
アイロンで縫い代を抑えてミシンをかけ、
縫ったらまたアイロンをかけ、して
半日で完成です。
ボタンホールも作って、穴をあけました。
e0037055_145409.jpg



紐はわざと耳を使ってみました。


また違う布でも作ってみます。
もの作りって本当に楽しいです。
大好きです。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-18 23:03

縁台作り

市の「あららぎ工房」で縁台作りの講習会があるというので参加してきました。
木でものを作るのは全くの初めて。
多分、中学校の家庭科でも作ったことは無かったと思います。

まず、座面と足の地面のつく部分をカンナで面取りします。
カンナを持つのも初めてで、重くて難儀しました。
全部面取りしたら足の部分を組み立てます。
e0037055_1115751.jpg


ここでドリルを使って釘打ちするのですが、
これも初めてで、自分の意思とは関係なく動くので怖くて
+の穴にきちんと収まらず、空回りしてしまいます。
軍手で釘を持つと釘に軍手が絡まってしまうし、難しい。
おまけにまっすぐ打ち込めなくて見かねたおじさんが9割がた
打ちこんでくれました。
e0037055_1123892.jpg

座面と足の部分をバランスを見て釘を打ったら、真ん中の3本も
同様に平均にして釘うちします。
ここでもおじさんが手伝ってくれました。

全部できたら、もう一度サンドペーパーでささくれがないようにきれいに研磨していきます。
e0037055_1131472.jpg

初めてにしては上出来の仕上がりに大満足。
釘はほとんどおじさんしてくれたしね。
釘を打つとき、真っ直ぐにしてマグネットでドリルと釘がくっつくから
あとはゆっくり入れていくのがコツなようで、、。
同じテーブルになったおじさんは木の表と裏、とか詳しいみたいで
教えてもらいました。
近くにいたおじさんも私の下手な道具使いに、手助けしてくれて、、。
外へ出すなら水性のニスを塗ったら?でも雨ざらしではニスも流れてしまうよ、と言われ
今日はお家の玄関ホールにおいてあります。
どこへ置こうか検討中。
e0037055_1134495.jpg

e0037055_1141063.jpg

次回はテーブルを企画しようかなとおじさんが言ってました。
今回の講習費2600円。
[PR]
by m-bintang | 2010-07-16 23:00