日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

あららぎ工房で藍染

午後からいつもの染めの仲間と国津にある「あららぎ工房」で藍染めをしてきました。
つつじヶ丘の奥に国津という村があることは聞いてましたが
行くのは初めて。
カーナビを見ながら行ったのに迷いました。
(帰りもしっかり迷いながら帰りました。)
自然いっぱいの田舎です。
この「あららぎ工房」は木工、わら細工、草木染め、陶芸、いろいろ体験できるそうで
一人でも使えるそうです。
市の広報によく体験募集をしてたけど
市の施設ということさえ知りませんでした。
国津の木材を使った木のぬくもりいっぱいの建物です。
天井が高く、風が入ってきて市内の暑さを忘れるほどです。
冬はかなり冷えそう。山の中だし。

みんなは午前中からやってたので私が行ったときには
もう何回か藍液の中へ漬けて干してるところでした。

e0037055_1955347.jpg
今日は暖簾を染めました。
藍はインド藍といって市販の染液を使いました。
みんなのデザインを見て、
対角の角をぐし縫いにして絞り、それを段染めにしてみました。

e0037055_1912161.jpg
暖簾を具し縫いにした後、水にぬらして絞り、
藍液の中へそっと全部を漬け込みます。
私は薄めの色にしたかったので長くはつけず、
少し引き上げ、3段の濃淡にしました。
軽く絞って天日に干し、また藍液に漬ける、
この繰り返しを三回しました。
藍液の中につけてるときは明るめのきれいな緑色なのに
空気に触れた瞬間から藍色に変わっていきます。
最後に酢酸で色留めをして干し、水洗いをして完成です。
<br clear=all>e0037055_18372269.jpg
みんなそれぞれ個性的ですてきな暖簾に仕上がりました。
私の暖簾は右の斜めの絞りが入ってるもの。
下のお花みたいな絞りはビー玉を輪ゴムで縛ったものです。
これは友人Tさんの作品、かわいいでしょう。
藍液に漬け込む時間によって、濃い色、淡い色の変化が楽しめます。

e0037055_18365792.jpg

トトロとメイの置物がすごくかわいかったので
次は木工をしてみたいな、と次回の「あららぎ工房」体験を決めてお開きとなりました。
みなさん、お疲れ様でした。
[PR]
by m-bintang | 2005-09-03 18:57 | 草木染め