日々の楽しい出来事を忘れぬうちに。夕暮れの茜色の空が大好きです。


by m-bintang
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006年 09月 07日 ( 1 )

K畑さんがボランティアしている「いきがい倶楽部」(だったかな?)へK畑さんに用事があったので始めてでかけました。
そこは、桔梗が丘の一軒家をサロンにしていて
宅老所みたいなところで、週に二日だけあいています。
孤独になりがちな老人が日中集まって、
歌を唄ったり、ちぎりえをしたり、ヨガをしてみたり、時にはマージャンしたり
、といろんなことができ楽しみながらすごす場所のようです。
ボランティアでお世話をする人は、その時間を貯金でき、
貯まった時間を、自分がお世話してもらうときや、遠くはなれた親族を
お世話してもらうときに使えるシステムになっているようです。
送迎のボランティア、食事のお世話のボランティア、いろんな形のボランティアがあるようです。

玄関先で話しただけでしたが、お世話する人される人、とてもたくさんの方がいらしてびっくりしました。
娘と幼稚園一緒だった子のおばあちゃんもスタッフでいてらして
ビックリしました。
とてもにぎやかで楽しそうでした。
田舎の老人は畑仕事や近所の付き合いがあり皆が孤独にはさせませんが、街の老人はたとえ子供と同居してても日中は話す相手もいない人が
少なくないようで、誰とも話すことなく孤独になりがちのようです。
介護の申請でも要介護1ではデイケアも週に一度しか利用できないとか。
福祉の隙間を埋める形でこういうサロンは有難い存在だと思います。
[PR]
by m-bintang | 2006-09-07 22:52 | とりとめもないこと